教育普及プログラム

豊田市美術館では「むずかしいものをやさしく、やさしいものをふかく、ふかいものをおもしろく」をモットーに、様々な対象に向けた教育プログラムを開催しています。

作品ガイドボランティア

展覧会のギャラリーツアーや小・中学校の美術館学習関連活動など、美術館の教育普及活動をサポートしています。

ギャラリーツアー

作品ガイドボランティアが参加者の皆様と展覧会会場をまわり、数点の作品を一緒に鑑賞します。作品に対する思いや考えを交換することで、美術や作品への理解を深められるようお手伝いをします。

作品をじっくり読み解くギャラリートーク

作品ガイドボランティアが展覧会や美術館のコレクションから1点を選び、30分ほどかけて皆さんと一緒に鑑賞します。普段のツアーとは違う、特別な鑑賞会です。

子どものプログラム

夏休み期間を中心に、子どもたちとその家族を対象にしたワークショップやキッズツアー、展覧会などを随時開催しています。

学校の先生方へ

小中学校の美術館学習対応
館内の案内から対話型トークまで、児童・生徒の美術館体験をさまざまなかたちでサポートします。事前の学校への出張授業も行っています。詳しくは美術館までお問い合わせください。