展覧会

サンセット/サンライズ

2022.02.15-2022.05.08

2022.02.15-2022.05.08

Sunset/Sunrise

Sunset/Sunrise

小林孝亘《Pillow》2021年、油彩、カンヴァス、91.0x117.0cm(作家蔵)
小林孝亘 《Portrait-resting cheeks in hands》 2006年
西村画廊蔵  ©Takanobu Kobayashi, Courtesy of Nishimura Gallery
コンスタンティン・ブランクーシ《眠る幼児》1907年(1960 / 62年鋳造)、ブロンズ、
10.6×16.3×14.2cm(豊田市美術館蔵)
丸山直文《path4》2005年 豊田市美術館蔵
森千裕《ヘッドルーム》2016年、水彩、墨、アクリル、鉛筆、紙、木製パネル、
140.5×102.0cm(豊田市美術館寄託作品)
森村泰昌《なにものかへのレクイエム(創造の劇場/動くウォーホル)》2010年、
HDTV(モノクロ)、サイレント、3分58秒(豊田市美術館寄託作品)

「サンセット(日没、夕暮れ)」と「サンライズ(日の出、夜明け)」。

それは、毎日、誰にでも、平等におとずれる美しい自然現象です。生きとし生けるものはすべて、この宇宙に流れる悠久のリズムに寄り添いながら生きています。

「サンセット/サンライズ」の豊かさは、眠りと目覚め、終わりと始まり、死と生、闇と光など、さまざまな象徴や解釈の可能性を差し出してくれるところにあります。こうした、生きる人間の儚さと強さ、相反する価値観やそのあわいなどをも表す意味の広がりは、まさしく芸術家たちの創造の問いかけと重なりあうものです。

また、日没と日の出の前後に現れる薄明の神秘的な時間帯は「マジックアワー」とも呼ばれています。心が揺さぶられる魔術のような光景に立ち会う経験は、思いもかけない美術作品との出会いにどこか似ているともいえるでしょう。

本展は、こうした「サンセット/サンライズ」から派生する多様なイメージを手がかりに、豊田市美術館のコレクションを紹介する試みです。さらに招待作家として、愛知県にゆかりのある小林孝亘氏を迎え、静けさと強い存在感をもつその数々の作品を案内役に展覧会を構成します。

美術館で心が揺さぶられる豊かなマジックアワーをお楽しみください。

 

開館時間 10:00-17:30(入場は17:00まで)
休館日=月曜
月曜日(3月21日は開館)
主催 豊田市美術館
協力 西村画廊
観覧料 一般700円[600円]/高校・大学生500円[400円]/中学生以下無料
*[ ]内は前売り及び20名以上の団体料金。障がい者手帳をお持ちの方(介添え者1名)、豊田市内在住又は在学の高校生、及び豊田市内在住の75歳以上は無料(要証明)。
その他、観覧料の減免対象者及び割引等については当館ホームページ「観覧料」をご確認いただくか、豊田市美術館へお問い合わせください。
感染症拡大防止のため、会期等を変更する場合があります。当館ホームページから最新情報をご確認ください。
前売り券 ・豊田市美術館ミュージアムショップ(1月23日(日)まで)
・T-FACE B館2階インフォメーションカウンター(2月14日(月)まで)
同時開催 小林孝亘 新作展「真昼」
小林孝亘氏の新作とともに、同氏が「真昼」をテーマに、豊田市美術館のコレクションの
中から選んだ作品を展示します。
会場:豊田市美術館(展示室5)
サンセット/サンライズ展のチケットで観覧可
関連イベント

小林孝亘 特別連携展示(民芸館+民芸の森)

サンセット/サンライズ展にあわせて、豊田市内2カ所(豊田市民芸館と豊田市民芸の森) で小林孝亘氏の作品を特別展示します。ぜひこの機会に2施設も巡ってみてください。

会場:豊田市民芸館(第1民芸館) 豊田市平戸橋町波岩86-100
豊田市民芸の森(田舎家(青隹居)) 豊田市平戸橋町石平60-1
会期:2022年2月8日[火] ー5月29日[日]
開館時間:9:00-17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(3月21日は開館)
入場無料
一覧に戻る