展覧会

新収蔵作品展

2008.07.05-2008.07.27

2008.07.05-2008.07.27

展示室9 入場無料

展示室9 入場無料

Image not available

開館して今年で14年目を迎える豊田市美術館では、所蔵作品を軸にした美術館活動を展開してきました。これまで収集した作品は約3,000点にのぼります。常設展ではテーマ性を持たせ、作品と作品、作品と鑑賞者の距離感や関係性を毎回変えて、その都度作品それぞれに新たな見え方や捉え方ができるよう構成しています。また、所蔵作品を研究していくなかで発案された企画展が多いのも豊田市美術館の特長といえます。

このたびの新収蔵品展では、平成19年度の収蔵作品から主だったものを紹介します。日本近代絵画や工芸、国内外の現代美術と様々ですが、いずれの作品もこれまで収集してきた作品と、時代や流派、テーマなどなんらかの関係を持ちつつ、当館が今後研究や収集活動をする上で新たな展開への可能性を示してくれるものです。また、今回はインスタレーション作品など、会場の都合上展示を控えた作品についても、適時公開していく予定です。この機会に、当館の収集活動に一層のご理解をいただければ幸いです。

開館時間 10:00-17:30(入場は17:00まで)
休館日=月曜

関連イベント

決まり次第お知らせします