展覧会

黒田辰秋・田中信行ー漆という力

2013.01.12-2013.04.07

2013.01.12-2013.04.07

Kuroda Tatsuaki / Tanaka Nobuyuki

Kuroda Tatsuaki / Tanaka Nobuyuki

黒田辰秋<赤漆捻絞蓋物>1949年 豊田市美術館 撮影 : 林達雄
田中信行 1999年 豊田市美術館 撮影 : 山本糾
黒田辰秋<蝶細八角菓子重箱>1933年 個人蔵 撮影 : 林達雄
黒田辰秋<彫花文椅子>1964年 豊田市美術館 撮影 : 林達雄
田中信行<触生>2003年 作家蔵 撮影 : 品野與四寛
田中信行<触生の記憶>2003年 金沢21世紀美術館 撮影 : 品野與四寛
田中信行<流れる水、ふれる水>2012年 作家蔵 撮影 : 山本糾

漆は日本においては箱や椀、箸など、日常の器物をはじめとして、古くから日常的に様々な用途に使用されていて、特に親しみ深い素材です。
黒田辰秋(1904-1982)は木工芸での初の重要無形文化財保持者として知られていますが、当館は黒田のまとまったコレクションを有しています。 今回はその黒田の代表作を館外からもあらためて集め、その核心を展示します。 またその芸術を直接育んだ柳宗悦旧蔵の朝鮮木工等や、交流を重ねた河井寛次郎作品も展観することで、この時にマジカルな強い造形を見せる特異な造形作家の源流も探りたいと思います。
また田中信行(1959-)は漆の長い歴史の中で独自な自立した立体造形を展開し、現代の漆芸術において最も注目すべき活動を展開している作家の一人です。 木工芸を基本とした黒田に対して、むしろ皮膜そのもので成り立っているその造形は、全く異なる角度から漆の本質に迫るものでしょう。 今回は田中の初期からの代表作に、新作による空間を用意して、今日の漆造形の新たな展開に焦点を当てます。
このように黒田・田中の作品約50数点に関連作品も含め、全60余点で両者に貫通する漆というものの不可解なまでの力と本質的な魅惑に触れていただきます。

●出品点数
約66点<黒田辰秋作品33点(図面等資料9点含む)、田中信行作品23点(新作5点含む)+朝鮮木工品6点、河井寛次郎作品4点>

開館時間 10:00-17:30(入場は17:00まで)
休館日=月曜
主催 豊田市美術館
共催 朝日新聞社
観覧料 一般500円[400円]/高校・大学生400円[300円]/中学生以下無料
[ ]内は前売券及び20名以上の団体料金
*障がい者(介添者1名)、豊田市内在住・在学高校生、豊田市内75才以上は無料[要証明]
*豊田市美術館HP、豊田市広報提示は50円引き
*新成人(1992年4月2日-1993年4月1日生まれ)のかたは1月12日から1月31日まで無料(要証明)
関連イベント

■作家トーク
田中信行(聞き手・天野一夫)
1月12日[土]

■講演会
「漆のちから・会津 漆の芸術祭から」
赤坂憲雄(民俗学者・学習院大学教授・福島県立博物館館長)
2月2日[土]

■作家によるレクチャー
「漆の魅力と表現の可能性」
田中信行
2月3日[日]
漆についてのトークに簡単な漆体験が付きます

■連続対談
「漆-皮膜的造形」

1. 田中信行×戸谷成雄(彫刻家・武蔵野美術大学教授)
1月13日[日]

2. 田中信行×建畠晢(詩人・美術評論家・京都市立芸術大学学長)
2月11日[月・祝]

※上記いずれも午後2:00-
会場:美術館講堂
当日正午から整理券を配布します[定員172名]

■学芸員による作品解説
1月14日[月・祝]、2月23日[土] 、3月9日[土]、20日[木・祝]、30日[土]
各日ともに午後2時から
会場:美術館エントランス集合

■作品ガイドボランティアによるギャラリー・ツアー
木曜日を除く毎日午後2:00-(約1時間)
土、日、祝日は午前11:00-と午後2:00-
作品ガイドボランティアが参加者のみなさまと意見を交換しながら、
展覧会を楽しむツアーを行います。
※都合により開催されない場合もございます。
詳しくはこちらをご覧ください。

■田中信行によるワークショップ
「くぼんだ、ふくらんだかたちを作る」
3月16日[土]、3月23日[土]午後1:00-午後5:00 全2回
田中信行の制作で用いられている乾漆技法で作品を作ります。制作の体験を通して、漆について学びます。
※2月16日[土]までに参加者名、〒住所、電話番号を書いてはがきでお申し込みください。
定員:15名(対象:小学生5年生以上。申込み多数の場合は抽選)
参加費:2000円(実費)

■関連コンサート
「漆と共振するチェロの音(ね)」
1月20日[日]午後2:00-
漆作品と共振するチェロコンサート
マルモ・ササキ(チェリスト)

■関連上映会
飯塚俊男監督「縄文うるしの世界」(1998年、60分)
担当学芸員のトークあり

■呈茶券付観覧券
黒田・田中展の観覧券に茶室呈茶券が付いたお得なセットを販売中です。
一 般 700円 (通常800円)
高大生 600円(通常700円)
・ 1日限定20名様(先着順)
・ 販売時間 10時~15時30分
(茶室の利用は11時~16時)
・ 他の割引券との併用はできません。

豊田市美術館 〒471-0034 愛知県豊田市小坂本町8丁目5番地1
Tel. 0565-34-6610 Fax. 0565-36-5103
http://www.museum.toyota.aichi.jp

*このページをプリントアウトしてお持ちいただくと、
観覧料を50円引きとさせていただきます。
一覧に戻る