展覧会

石上純也ー建築のあたらしい大きさ

2010.09.18-2010.12.26

2010.09.18-2010.12.26

Junya Ishigami:Another scale of architecture

Junya Ishigami:Another scale of architecture

Image not available

石上純也(1974年生まれ)が、谷口吉生設計による美術館で、5種類の模型を中心とした展覧会を計画しています。展示されるそれぞれの模型は、単なる模型であることを超えて、その場所に具体的な空間をかたちづくる建築でもあります。それらの模型を通して私たちは、今ある現実の世界と、その模型から垣間見えるこれから出現してくるかもしれない世界とを重ね合わせます。そうするとそこには、いままで体験したことのない透明さ、軽やかさ、繊細さ、あいまいさが新しい抽象性とともに現れてきます。そして私たちは、極大と極小の両極に同時に向かう無限の空間の広がりを把握する手段を見出すのです。

「建築のあたらしい大きさ」-いま私たちは、かつてないスケールの生活環境を必要としています。小さくもあり大きくもあるようなもの。これからの時代の価値観に対応した新しい大きさの空間。いままでのスケール感を超え、私たちをとりまきどこまでも続く環境と、私たちの生活の器である建築を連続させ、建築をより自由なものにできないかと石上は考えます。

石上純也は、2009年に日本建築学会賞を受賞し、2010年ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展で金獅子賞を獲得するなど、現在最も注目されている建築家です。石上の作品は、すべて建築の可能性を考えるうえで導き出されています。それは、今ある世界をいかにして、少しでも広げていけるかということにあるのです。

「石上純也―建築のあたらしい大きさ」展カタログ(定価:2,625円 青幻舎刊 B6判変形 296頁)は、12月15日より美術館にて販売を開始します。石上純也のコンセプトブックになっており、建築家・青木淳、建築史家・五十嵐太郎、担当学芸員・能勢陽子のテキストが掲載されます。美術館で予約・購入をされた方には石上純也直筆のサイン・イラスト付きカタログ(限定300冊)、限定数を超えた場合はオリジナル缶バッジを特典としてお付けいたします。美術館での予約受付は11月23日より開始いたします。22日以前の申し込みはできませんので、ご了承ください。申し込み方法については、図書通信販売をご覧ください。

開館時間 10:00-17:30(入場は17:00まで)
休館日=月曜
主催 豊田市美術館
協賛 鹿島建設株式会社、キヤノンマーケティングジャパン、株式会社、NECディスプレイソリューションズ株式会社、アクシスコミュニケーションズ株式会社
協力 神奈川工科大学、ギャラリー小柳
観覧料 一般1,000円[800円]/高校・大学生800円[600円]/中学生以下無料
[ ]内は前売券及び20名以上の団体料金
*障がい者(介添者1名)、豊田市内在住・在学高校生、豊田市内75才以上は無料[要証明]
「あいちトリエンナーレ2010国際美術展」有料チケットを
ご持参いただければ、当日の企画展観覧料を
100円割引きします(1回限り)。
ただし、他の割引との併用はできません。

関連イベント

関連事業

■石上純也 講演会
日時:9月19日[日] 14:00-

■五十嵐太郎(建築史家)x中山英之(建築家) 対談
日時:11月14日[日] 14:00-

■石上純也(建築家)×南後由和
(社会学者・東京大学大学院情報学環助教授)対談
日時:12月26日[日] 14:00-
*美術館1階講堂にて
*当日正午より整理券を配布します(定員172席)
対談終了後、石上純也氏のサイン会を行います

■学芸員による作品解説
10月10日[日]、10月24日[日]、11月21日[日]、12月19日[日] 14:00-

■作品ガイド・ボランティアによるギャラリートーク
木曜日を除く14:00-(関連事業開催日は11:00-)
1階チケット・カウンター前にお集まりください

*いずれも当日の企画展観覧券が必要です。
*このページの1枚目をプリントアウトしてお持ちいただいた場合は、2名まで展覧会観覧料金を100円割引にいたします。
一覧に戻る