展覧会

知覚の扉

2010.01.09-2010.03.28

2010.01.09-2010.03.28

The doors of Perception

The doors of Perception

オラファー・エリアソン グリーンランド・ランプ 2006年(本作品のみ3月22日までの展示)
エルネスト・ネト スクリーンの足頭目アメーバ 2006年
中原 浩大 ビリジアン・アダプター+コウダイノモルフォⅡ 1989年
古谷 元彦 9th Room 2001年
三木 富雄 EAR 1965年

本展では、当館のコレクションを中心に、あらゆる感覚器官を刺激して、私たちの身体感覚を揺さぶり、目覚めさせる作品を紹介します。
中原浩大の毛糸でできた海草状のオブジェの自在な広がり、
オラファー・エリアソンの小さな多角形の光の乱反射、
カーステン・ヘラーの強烈な光の明滅が生み出す錯覚、
小谷元彦の戦慄感を伴う身体感覚の喪失−彼らの作品は、
それぞれ異なる「知覚の扉」を開き、この世界に対する新鮮な手触りを与え、また日常における知覚そのものを問い直します。
なお本展に合わせて、「あいちアートの森」の出品作家、
市川平、中西信洋、山極満博、和田みつひとの作品展示も行います。

出品作家:
オラファー・エリアソン、小谷元彦、草間彌生、杉本博司、中原浩大、エルネスト・ネト、カーステン・ヘラー、三木富雄

開館時間 10:00-17:30(入場は17:00まで)
休館日=月曜
会場 豊田市美術館 展示室1、2、3、4
主催
観覧料 一般300円[250円]/高校・大学生200円[150円]/中学生以下無料
[ ]内は20名以上の団体料金
*障がい者(介添者1名)、豊田市内在住・在学高校生、豊田市内75才以上は無料[要証明]
*新成人(1989年4月2日-1990年4月1日生まれの方)は、2010年1月9日から31日にかけて無料[要証明]

関連イベント

関連事業:
●「あいちアートの森 知覚の扉Ⅱ」
日時: 2010年2月20日[土]-3月14日[日]
会場: 喜楽亭、豊田市美術館
休館日: 月曜日
主催: 「あいちアートの森」実行委員会
出品作家
(予定): 石田尚志、岩崎貴宏、市川平、梅田哲也、大巻伸嗣、荒神美香、
小島久弥、銅金裕司、中西信洋、名知聡子、山極満博、和田みつひと

●学芸員による作品解説
1月10日[日] 、2月20日[土] 、3月21日[日]
15:00より

●作品ガイド・ボランティアによるギャラリー・ツアー
木曜日を除く午後2:00より
いずれも1階チケット・カウンター前にお集まりください
当日の観覧券が必要です。
一覧に戻る