展覧会

未生の美-技能五輪の技(仮)

2022.10.15-2022.11.27

2022.10.15-2022.11.27

山本糾《未生の美》2022年

愛知県は製品出荷額が全国有数の工業地域です。なかでも豊田市は自動車産業が盛んな「ものづくり」の中心地です。古くは猿投古窯に代表される焼き物、近代には養蚕業と、伝統的に製造業が盛んな地域でした。現在、「ものづくり」の現場ではさまざまな工程の自動化が進み、人手による作業が機械に置き換わる領域が増えています。しかし、手作業の重要性が失われることはありません。どんなに機械化が進み、ロボットが作業を代行するようになっても、そのロボットに動きを教えるのは人間です。自動化とは、人の手わざの滑らかな動きをまねることだとも言えるでしょう。また、自動化されたシステムを制御する技能も同様です。製造業の企業では、そういった技能の重要性を認識し、それを会社として伝承していこうとしています。2年に一回開催される技能五輪国際大会は、訓練を重ねた若い技能労働者たちが世界中から集い、腕を競う場で、そこで生み出された「もの」は超絶した精確さを具えています。
本展は、ものづくりにおける人の手わざの重要性を再認識し、その意味や役割を知ると同時に、それらが持つ精確さの中に「美」を見出し、卓越した技能が生み出す「もの」に新たな光をあてようとするものです。

開館時間 10:00-17:30(入場は17:00まで)
休館日=月曜

決まり次第お知らせします