Collection

コレクション

プラハ=ルドニカー社 (ぷらは=るどにかー社)

[1868 - 1918 ]

アームチェア [製作年:1903年頃 (プラハ=ルドニカー社)]

  • ブナ、籐
    71.3×67.3×65.7cm

[音声ガイド]

椅子 [デザイン年:1902/03年、 製造年:1903年 (プラハ=ルドニカー社)]

  • カシ、藺
    122.0×42.5×53.0cm

[音声ガイド]

この椅子は、1903年にモーザーがデザインし、第18回ウィーン分離派展「クリムト回顧 展」の会場で初めて展示されました。同じ年、モーザーは、ヨーゼフ・ホフマンと共に 「ウィーン工房」を設立したのですが、工房が手がけた療養施設サナトリウム・プルカー スドルフのエントランスホールにも置かれたことで、有名になりました。 垂直のラインが際立った立方体のフォルムと、座面の黒と白の格子模様が見事に呼応して います。この格子模様は、初期ウィーン工房のトレードマークと言っていいほど頻繁にみ られるデザインで、日本美術からの影響も指摘されています。ホフマンが担当したエント ランスホール床面も、黒と白の正方形タイルの組み合わせでデザインされていて、建物全 体が見事に調和していたことがうかがわれます。

一覧に戻る

コレクション・オーディオガイド