Collection

コレクション

中村 彝 (なかむら・つね)

[1887 - 1924 ]

髑髏のある静物 [1923年]

  • 油彩、カンヴァスボード
    32.5×23.7cm

[音声ガイド]

当初軍人を目指していた中村彝は、結核のため進路を画家へと変更します。洋画を学びはじめて数年後には第3回文展(1909年)に初入選を果たすなど、その才能は開花します。しかし同時にその制作活動は、進行する病との闘いでした。 この作品は、1923年の夏に取り組んでいた静物画の習作と考えられています。同年9月におきた関東大震災によって、彼が本来描こうとしていた「静物画」は未完のまま失われます。しかし残されたこの習作からは、今までの静物画を超えて新たな境地を切り開こうとする画家の強い意欲を感じ取ることができます。

静物 [1917年頃]

  • 油彩、カンヴァス
    39.5×52.0cm

[音声ガイド]

少女の像 [1912年頃]

  • 油彩、カンヴァス
    32.5×23.0cm
一覧に戻る

コレクション・オーディオガイド