Collection

コレクション

村瀬 恭子 (むらせ・きょうこ)

[1963 - ]

Flowery Planet [2009]

  • 油彩、綿布
    240.0 x 190.0 cm

Milky Cave [2009]

  • 油彩、色鉛筆、綿布
    190.0 x 320.0 cm

Swallows 2 [2009]

  • 油彩、色鉛筆、綿布
    190.0 x 145.0 cm

Swallows 3 [2009]

  • 油彩、色鉛筆、綿布
    190.0 x 145.0 cm

White Coat [2009]

  • 油彩、色鉛筆、綿布

Watering Place [2008]

  • 油彩、色鉛筆、綿布
    170.0 x 210.0 cm

Good bye [2007]

  • 油彩、色鉛筆、綿布
    140.0 x 120.0 cm

[音声ガイド]

moth paradise [2006]

  • 水彩、油彩、色鉛筆、鉛筆、油性ペン、紙
    39.8 x 29.8 cm

Tree Climbing at Night [2006]

  • 水彩、色鉛筆、鉛筆、紙
    39.8 x 29.8 cm

Nap (L) [2003]

  • 油彩、綿布
    100.0 x 80.0 cm

[音声ガイド]

赤とわずかに青を含んだグレーの絵具とが、勢いのある筆さばきで画面全体を満たしています。それらは渦巻く大気のようで、下方に横たわる少女を取り囲み、覆いかぶさろうとしているかにも見えます。その周りを飛び交う羽虫。硬く目を閉じた少女の表情は険しく、「nap(うたたね)」というには全体に不穏な雰囲気が漂っています。 絵画とは言うまでもなく視覚にたよった芸術です。一方、描かれた少女は目を閉じ、周囲の世界を見ることはできません。しかし、激しい筆の動きからは、少女が、風を、その温かさや冷たさ、湿り気を肌に感じていることがしぜん自ずと想像されます。それはひるがえって、私たちに、目で見る以上の感触とでもいうべきものをもたらすでしょう。

Guru-guru [2002]

  • 油彩、綿布
    70.0 x 61.0 cm

男の子とも女の子ともとれない人のすがた。瞳を閉じて、伸びやかな筆致で描かれた水のようななかで気持ちのよさそうに漂っているのか、あるいは逆に翻弄されているようにも見えます。 きゅっと閉じた目や結ばれた唇の顔をのぞけば、簡単にまとめられた手を含め、体ははっきりと描き込まれてはいません。かえってそのために周囲をとりまく茶色の髪や水色やグレーの絵具の表情が私たち観る者に温度や肌触りなどさまざまな感覚を呼び起こします。村瀬恭子はある古い映画のなかに出てきたドラム缶のようななかで人物が水に潜るシーンを見てこうしたモチーフによる絵画に取り組むようになったといいます。のちに村瀬は森や洞窟の情景へと絵画を展開していきますが、その前に、柔らかな身体に身近な感覚を捉えようと試みています。

一覧に戻る

コレクション・オーディオガイド