Collection

コレクション

熊谷 守一 (くまがい・もりかず)

[1880 - 1977 ]

裸婦 [1961年]

  • 油彩、カンヴァス
    40.2×52.2cm

シヂミ蝶 [1958年]

  • 油彩、板
    23.6×32.8cm

[音声ガイド]

熊谷の作品といえば、赤い輪郭線によって色鮮やかな形が明快に区切られた、いわゆる「モリカズ様式」で知られています。一見すると、ものの形を単純化して描いただけのようにもみえますが、よく見ると、赤い輪郭線が一段窪んでいて、それぞれの色面が明確に切り離されているために、描かれたもの同士の関係はかなり曖昧です。そもそも、茶色の部分は地面を表していて、黄色の水溜まりは、そこにできたものなのでしょうか。蝶も、水溜まりの上空を飛んでいるのか、水上に留まっているのか不確かです。 熊谷は、簡潔に見える画面のなかに、それぞれの事物に固有の空間と時間を描き込んでいます。それらが互いに関係しては離れることで、小さな画面が、見飽きることのない豊かな作品になっているのです。

高原の秋 [1935年頃]

  • 油彩、板
    37.9×45.5cm
一覧に戻る

コレクション・オーディオガイド