Collection

コレクション

ヨーゼフ・ボイス (よーぜふ・ぼいす)

[1921 - 1986]

プライト エレメント [1985年]

  • フェルト・ロール、 フェルト原料
    147.0×330.0×41.0cm

[音声ガイド]

ロンドンのある画廊がビル工事の騒音に悩まされていました。ドイツの作家ヨーゼフ・ボイスは、このフェルトのロールを画廊の床から天井までぎっしりと敷き詰めます。すると画廊は静寂に包まれた、ほのかに温かみのある空間へと一変しました。ボイスはこのように、芸術の概念を拡張し、現実の問題や歴史のひずみを癒そうと試みた作家としてひろく知られています。 ちょうど人間の皮膚と肉を暗示するように、それぞれのロールの内側にはフェルトの原料が詰められています。いっぽう、近づいてみてみれば、この茶色が意外なほど色彩豊かであることがわかるでしょう。ボイスはさまざまな繊維を圧縮したフェルトのカオスのなかから創造のエネルギーが発生することを期待していたのです。

ジョッキー帽 [1985年]

  • フェルト帽、脂肪、絵具、新聞紙
    14.5×25.5×17.5cm

[音声ガイド]

作家が愛用していた帽子が競馬のジョッキー帽のかたちに裁断され、内側に脂肪が満たされています。彼は人肌ほどの熱によってかたちをかえる脂肪を、彫刻に最も適した素材と考えていました。ここでも、柔らかい脂肪の表情が人間の感情の起伏や、柔軟さといった要素を連想させます。 いっぽう、この帽子が転倒していることにも注目しましょう。馬から振り落とされてしまったのでしょうか。だとしたら、2枚の新聞紙片に重ねられた赤い十字架には、現在の人間の文明にたいするボイスの批判的なまなざしとともに、それを癒そうとする彼の姿勢をもうかがうこともできるでしょう。 ボイスの人間観を簡潔に表わす小さくも力強いこの作品は、彼が亡くなる前年に60年代の新聞紙片を加えて制作されました。

ヴィトリーヌ:マルティプル [1969-85年]

  • フェルト、ブリキ缶、グリース、ドライバー、ガラス瓶、コルク栓、プラスチック板、ゼラチン、蜜蝋、鋼、鍬、ヴィトリーヌ(木、ガラス)、鉄製台座
    205.7×219.5×49.5cm

ヴィトリーヌ:ジンギス・カンの玉座 [1965-83年]

  • 布、ビニール・チューブ、鉄、革紐、フェルト、硫黄、顔料、脂肪、ヴィトリーヌ(木、ガラス)、鉄製台座
    205.7×219.5×49.5cm

ヴィトリーヌ:耕地の素描 [1963-83年]

  • 黒鉛坩堝、乾燥ソラマメ、鍬、シャベル、手鎌、ヴィトリーヌ(木、ガラス)、鉄製台座
    205.7×209.5×49.5cm
一覧に戻る

コレクション・オーディオガイド