Collection

コレクション

ジュゼッペ・ペノーネ (じゅぜっぺ・ぺのーね)

[1947 - ]

黒鉛の皮膚-方鉛鉱の影 [2007年]

  • 黒鉛、カンヴァスに貼った紙
    400.0×600.0cm

[音声ガイド]

黒い紙に、鉛筆の芯にもなる黒鉛で何かの模様が描かれています。 光を反射し、光沢のある表面を作る黒鉛と、つや消しの黒い紙とのコントラストが、画面に立体感を与えています。それによって、離れて見ると黒い地の上に銀色の模様が浮き出てくる印象を受けます。描かれた模様は、何かを拡大投影したもののようで、近づいて見ていると、その中に引き込まれていく感覚を覚えるでしょう。 タイトルにある「皮膚」、「方(ほう)鉛鉱(えんこう)」という言葉から、鉱石の断面、あるいは その結晶の影を、縦横に皺の ある人の皮膚に見立てて描いたと想像できるでしょう。鉱石とはミネラル成分のもととなるものです。 そして、人間は微量のミネラルを体内に含み、しかもそれは、生命活動に欠かせません。人間も自然の一部に過ぎない。 そのことに、改めて思いを至らせるよう、導いてくれる作品です。

爪の掻き傷 [1997年]

  • 石膏、紙
    サイズ可変

解剖学 3 [1993年]

  • 大理石、水、ポンプ
    130.0×60.0×60.0cm、738.0kg

右にねじれた木 [1989年]


  • 800.0×30.0×30.0cm

まぶた [1989-91年]

  • 石膏、木炭、布
    サイズ可変

[音声ガイド]

12メートルの木 [1982年]


  • 各600.0×50.0×50.0cm(2本)

[音声ガイド]

息吹 7 [1978年]

  • テラコッタ
    168.0×72.0×65.0cm

[音声ガイド]

まるで壺のような形をした彫刻。「息吹」というタイトルから、ガラス細工の職人が息を 吹き込んでガラスを膨らませる様子も思い起こされます。そうです、この作品は自分の吐 いた息を形象化したものなのです。正面に上から下まで貫く窪みは、自分の身体の型を押 し当てたもので、その頂部には顔面もかたどられています。顔の部分に置かれた突起物は、 吐き出された息を含んだ口腔のネガとなっています。 自然界のあらゆるものの中に宿る生命の力。このエネルギーを、作品を通して視覚化する ことがペノーネの制作活動の根底に流れるもので、この作品では、人間の生命活動の根源 である呼吸がテーマとなっています。息という無形のものに形を与えることによって、ペ ノーネはまさに彫刻に生命を吹き込んでいると言えるでしょう。

マリティム・アルプス-その部分を除いて、さらに木は成長し続けるだろう [1968年 (2004年プリント)]

  • ゼラチンシルバープリント
    105.7×70.7cm

[音声ガイド]

若木の幹を掴んだり、抱きついたり、あるいは細い樹木を三つ編みするように絡ませたり、幹に針金を巻きつけたり。ペノーネは木々に対してさまざまな接触や働きかけを行い、その痕跡を残しました。木々はそれらを留めながら生長の歩みを続けるはずです。 数十年にわたる木々の生長を思い描いてみましょう。もし、幹を掴んだ手が鋼のように固かったら、木の生長に押し返されることなく幹を掴み続け、やがて木はその手を飲み込んで幹を太らせることでしょう。同じように、他の接触や働きかけは10年後、20年後にはどのような姿を見せているでしょうか。 ペノーネは、自然の時間を尺度とすれば木は流動性に満ちていて、自身の働きかけに対して長い年月をかけて応えてくれることを知っています。そして、内には造形力を秘めていることを私たちに気づかせてくれます。

マリティム・アルプス-私は三本の樹木を結び付けた [1968年 (2004年プリント)]

  • ゼラチンシルバープリント
    105.0×70.5cm

[音声ガイド]

若木の幹を掴んだり、抱きついたり、あるいは細い樹木を三つ編みするように絡ませたり、幹に針金を巻きつけたり。ペノーネは木々に対してさまざまな接触や働きかけを行い、その痕跡を残しました。木々はそれらを留めながら生長の歩みを続けるはずです。 数十年にわたる木々の生長を思い描いてみましょう。もし、幹を掴んだ手が鋼のように固かったら、木の生長に押し返されることなく幹を掴み続け、やがて木はその手を飲み込んで幹を太らせることでしょう。同じように、他の接触や働きかけは10年後、20年後にはどのような姿を見せているでしょうか。 ペノーネは、自然の時間を尺度とすれば木は流動性に満ちていて、自身の働きかけに対して長い年月をかけて応えてくれることを知っています。そして、内には造形力を秘めていることを私たちに気づかせてくれます。

マリティム・アルプス-木は接触を覚えているだろう [1968年 (2004年プリント)]

  • ゼラチンシルバープリント
    105.2×70.7cm

[音声ガイド]

若木の幹を掴んだり、抱きついたり、あるいは細い樹木を三つ編みするように絡ませたり、幹に針金を巻きつけたり。ペノーネは木々に対してさまざまな接触や働きかけを行い、その痕跡を残しました。木々はそれらを留めながら生長の歩みを続けるはずです。 数十年にわたる木々の生長を思い描いてみましょう。もし、幹を掴んだ手が鋼のように固かったら、木の生長に押し返されることなく幹を掴み続け、やがて木はその手を飲み込んで幹を太らせることでしょう。同じように、他の接触や働きかけは10年後、20年後にはどのような姿を見せているでしょうか。 ペノーネは、自然の時間を尺度とすれば木は流動性に満ちていて、自身の働きかけに対して長い年月をかけて応えてくれることを知っています。そして、内には造形力を秘めていることを私たちに気づかせてくれます。

マリティム・アルプス-成長によって金網を持ち上げる [1968年 (2004年プリント)]

  • ゼラチンシルバープリント
    105.0×70.3cm

[音声ガイド]

若木の幹を掴んだり、抱きついたり、あるいは細い樹木を三つ編みするように絡ませたり、幹に針金を巻きつけたり。ペノーネは木々に対してさまざまな接触や働きかけを行い、その痕跡を残しました。木々はそれらを留めながら生長の歩みを続けるはずです。 数十年にわたる木々の生長を思い描いてみましょう。もし、幹を掴んだ手が鋼のように固かったら、木の生長に押し返されることなく幹を掴み続け、やがて木はその手を飲み込んで幹を太らせることでしょう。同じように、他の接触や働きかけは10年後、20年後にはどのような姿を見せているでしょうか。 ペノーネは、自然の時間を尺度とすれば木は流動性に満ちていて、自身の働きかけに対して長い年月をかけて応えてくれることを知っています。そして、内には造形力を秘めていることを私たちに気づかせてくれます。

マリティム・アルプス-木、針金、鉛 [1968年 (2004年プリント)]

  • ゼラチンシルバープリント
    105.7×70.7cm

[音声ガイド]

若木の幹を掴んだり、抱きついたり、あるいは細い樹木を三つ編みするように絡ませたり、幹に針金を巻きつけたり。ペノーネは木々に対してさまざまな接触や働きかけを行い、その痕跡を残しました。木々はそれらを留めながら生長の歩みを続けるはずです。 数十年にわたる木々の生長を思い描いてみましょう。もし、幹を掴んだ手が鋼のように固かったら、木の生長に押し返されることなく幹を掴み続け、やがて木はその手を飲み込んで幹を太らせることでしょう。同じように、他の接触や働きかけは10年後、20年後にはどのような姿を見せているでしょうか。 ペノーネは、自然の時間を尺度とすれば木は流動性に満ちていて、自身の働きかけに対して長い年月をかけて応えてくれることを知っています。そして、内には造形力を秘めていることを私たちに気づかせてくれます。

マリティム・アルプス-小川の中の私の背丈、腕の長さ、からだの厚み [1968年 (2004年プリント)]

  • ゼラチンシルバープリント
    105.8×70.7cm

[音声ガイド]

若木の幹を掴んだり、抱きついたり、あるいは細い樹木を三つ編みするように絡ませたり、幹に針金を巻きつけたり。ペノーネは木々に対してさまざまな接触や働きかけを行い、その痕跡を残しました。木々はそれらを留めながら生長の歩みを続けるはずです。 数十年にわたる木々の生長を思い描いてみましょう。もし、幹を掴んだ手が鋼のように固かったら、木の生長に押し返されることなく幹を掴み続け、やがて木はその手を飲み込んで幹を太らせることでしょう。同じように、他の接触や働きかけは10年後、20年後にはどのような姿を見せているでしょうか。 ペノーネは、自然の時間を尺度とすれば木は流動性に満ちていて、自身の働きかけに対して長い年月をかけて応えてくれることを知っています。そして、内には造形力を秘めていることを私たちに気づかせてくれます。

一覧に戻る

コレクション・オーディオガイド