Collection

コレクション

アリギエロ・ボエッティ (ありぎえろ・ぼえってぃ)

[1940 - 1994]

ALIGHIERO BOETTI [1975年]

  • インク、紙
    70.0×100.0cm

[音声ガイド]

青いボールペンによる細かな線でびっしりと塗りつぶされた背景から、白いコンマが浮かび上がっています。その点をアルファベットと交差させながら順に読んでいくと、「ALIGHIERO BOETTI(アリギエロ・ボエッティ)」、つまり作家の名前だとわかります。作品が完成した後に書き込まれるサインは、その作品が誰のものであるかを明らかにし、作品の価値を定めるものですが、ここではパズルのように作品を読み解くことでサインが見えてきます。ボエッティは、このような遊びを介して、「誰が作品を作るのか」ということを解体しようとしました。記号や言葉の単純な原理をゲームにした本作の鑑賞者もまた、制作者なのです。そして問うのです、「作者とはだれ?」と。

ONONIMO [1972-73年]

  • インク、紙
    各70.0×100.0cm(11枚組)

[音声ガイド]

一覧に戻る

コレクション・オーディオガイド