Topics

トピックス

一覧へ戻る

上野リチ・リックスの作品を三菱一号館美術館(東京・丸の内)に貸し出ししています。
2022.03.01

三菱一号館美術館に、上野リチ作品を出品しています。

 

【基本情報】

上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー

 

会期

2022年2月18日(金)~5月15日(日)*展示替えあり

前期:4月10日(日)まで/後期:4月13日(水)から

 

開館時間

10:00〜18:00

(祝日を除く金曜と会期最終週平日、第2水曜日、開館記念日の4月6日は21:00まで)

※入館は閉館の30分前まで

 

休館日

月曜日*と展示替えの4月12日

*ただし、3月21日、3月28日、4月25日、5月2日、5月9日は開館

 

展覧会サイトはこちら

 

【概要】

フェリーツェ・リックス(後の上野リチ・リックス|1893-1967)は、ウィーン工芸学校においてウィーン工房のヨーゼフ・ホフマンらに師事、才能を開花させます。卒業後は同工房に入り、テキスタイルデザインなどを手がけました。

彼女のデザインの特徴は、自由な線と生命感あふれる色彩です。鳥や魚、花や樹木といった身近な自然を組み合わせたデザインは人気を博しました。

リチは京都出身の建築家・上野伊三郎と出会って結婚、二つの都市を往復しながら、ウィーン工房所属デザイナーとして活動を続けます。

1930年の工房退職後も、テキスタイルだけでなく、身の回りの小物類など、さまざまなデザインに携わりました。

個人住宅や店舗などのインテリアデザインに加え、第二次世界大戦後には教育者として後進の指導にもあたっています。

本展は上野リチのデザイン世界の全貌を展観する世界初の回顧展です。リチの大規模コレクションを所蔵するウィーン、ニューヨーク、そして京都から作品が集結します。