企画展

ブリューゲル展-画家一族150年の系譜

2018.04.24-2018.07.16

2018.04.24-2018.07.16

Brueghel: 150 Years of an Artistic Dynasty

Brueghel: 150 Years of an Artistic Dynasty

ピーテル・ブリューゲル2世《野外での婚礼の踊り》1610年頃 Private Collection
Pieter Brueghel the Younger, The Outdoor Wedding Dance, c.1610, Private Collection
ピーテル・ブリューゲル1 世(下絵)ピーテル・ファン・デル・ヘイデン(彫版)《最後の審判》1558年 Private Collection
Engraved by Pieter van der Heyden after a drawing by Pieter Bruegel the Elder, The Last Judgement , 1558, Private Collection
マールテン・ファン・ファルケンボルフ、ヘンドリク・ファン・クレーフェ《バベルの塔》1580 年頃 Private Collection, France
Marten van Valckenborch and Hendrick van Cleve, The Tower of Babel , 1580, Private Collection, France
ペーテル・パウル・ルーベンスと工房、フランス・スナイデルス 《豊穣の角をもつ三人のニンフ》制作年不詳 Private Collection
Peter Paul Rubens, Studio and Frans Snyders, Three Nymphs with a Horn of Plenty, Private Collection
ヤン・ブリューゲル1世、ヤン・ブリューゲル2世《机上の花瓶に入ったチューリップと薔薇》 1615-1620年頃 Private Collection
Jan Brueghel the Elder and Jan Brueghel the Younger, Still Life of Tulips and Roses, in a Glass Vase, Resting on a Table, c.1615-1620, Private Collection
マールテン・ファン・クレーフェ《農民の婚礼(6点連作)》1558-1560年頃 Private Collection
Marten van Cleve, Peasant Wedding (series of 6 panels), c.1558-1560, Private Collection

16、17 世紀のヨーロッパにおいて最も影響力を持った画家一族のひとつだったブリューゲル一族。その祖であるピーテル・ブリューゲル1 世は、雄大な風景や農村の四季の営み、あるいは民衆の生活やことわざの世界など身近な主題を分かりやすく描き人気を得ました。ピーテル1世の優れた点は、現実世界を冷静に見つめ、自然や人間の日常生活をありのままに描き、その本質を活き活きと表現したことにあります。この画家としての眼差しは、彼の二人の息子、更にその子孫たちへと受け継がれ、一族の伝統を築き上げました。
本展は、ブリューゲル一族4世代150年の系譜を辿りながら、風景画、風俗画、寓意画、花の静物画など、一族や同時代の画家たちが描き出した作品を紹介し、16、17世紀フランドル絵画の魅力に光をあてます。また、展示作品は通常見ることができない個人所蔵の絵画など約100点により構成され、そのほとんどが日本初公開となります。(※フランドルとは、現在のベルギーにあたります。)

 

<関連リンク>
ブルーゲル展公式ホームページ(中京テレビ)
ブルーゲル展公式ツイッター

 

The Brueghel family produced outstanding artists for almost 150 years. The first, Pieter Brueghel the Elder, is the foremost name in 16th-century Flemish painting. This exhibition will trace that lineage and highlight the beauty and appeal of Flemish painting through landscape paintings, genre paintings, and still lifes of flowers by artists of the Brueghel dynasty and their followers. The exhibition will consist of some 100 works, many of them from private collections and rarely seen in public.

 

Official Website

 

開館時間 10:00-17:30(入場は17:00まで)
休館日=月曜
(4/30、7/16は開館)
観覧料 一般1,500円[1,300円]/高校・大学生1,100円[900円]/中学生以下無料
[ ]内は前売り及び20名以上の団体料金/障がい者手帳をお持ちの方及び介添え1名、豊田市内在住又は在学の高校生、豊田市内在住の75歳以上は無料[要証明]
前売券 豊田市美術館、セブンチケット、ローソンチケット[Lコード:43180]、イープライス、チケットぴあ[Pコード:768-824]、ほか主要プレイガイドで4月23日[月]まで発売。 ※豊田市美術館での販売は4月8日[日]まで
会場 豊田市美術館 展示室8
主催 豊田市美術館、中京テレビ放送
後援 愛知県教育委員会
協賛 トヨタすまいるライフ、光村印刷
協力 日本通運
企画協力 NTVヨーロッパ
特別協力 ARTHEMISIA
問い合わせ 豊田市美術館
〒471-0034 愛知県豊田市小坂本町8丁目5番地1

Tel. 0565-34-6610/Fax. 0565-36-5103

Email. bijutsukan@city.toyota.aichi.jp

関連イベント

 

※ギャラリートーク、ギャラリーツアーの参加には当日の観覧券が必要です。
一覧に戻る