展覧会

2008年度 常設展第Ⅲ期

2008.09.30-2008.12.25

2008.09.30-2008.12.25

Permanent Exhibition Ⅲ/2008

Permanent Exhibition Ⅲ/2008

豊田市美術館

「内なる光」

光とはどこから来るのでしょうか。差しあたってわれわれは光がなければ何も見ることはできず、さらに生存さえ危ぶまれます。光はわれわれが外部を知る手立てであるとともに、太陽のように、直接見ることは無いとしても、外から常にやってきます。一日の、そして季節の印象をわれわれは光で微細に感じて過ごしています。しかし、春草・大観の春霞あるいは夕日の微光のように、その静かな訪れとしての光は私たちの生きるリズムと連動し、画家たちの描く風景はむしろ内側の光景に見えてきます。他にも、小嶋悠二やイケムラレイコのように闇の中、内側から発光しうごめく人は、本質的で象徴的なものとして波動をわれわれに伝えてきます。たとえばボルタンスキーの作品では、基本的には作家が収集した写真を始めとしてビスケット缶、電気器具等、既存の物の加工により作られていますが、その光によって、イメージ自体は決定的に遠いものに感じられます。現実のものが確かに存在しながらも、作品は奇蹟のようにはるか彼方にあるのです。かつてあって今は無いものこそが写真という光学器械には捉えられています。しかしベーコンの絵画でも、何か遠いものの招来にわれわれは立ち会っているのではないでしょうか。時空を隔てたものをつなぐものとして光はあるのではないでしょうか。会場には透明にして世界を飲み込んだかのような卵形の中西夏之の作品があり、両端には村上友晴の絵画とロッソの彫刻が光を飲み込みながらも照り返す豊かな面をみせる作品と、ボルタンスキーと同様に既成品を駆使しながら文学性を拒否した笹岡敬という光を駆使した作品が置かれています。同様に光を使いながらも、精神的なものから、社会的な造形として扱おうとするものまで、様々の非物質的な媒介として、光は存在しています。

作品リストはこちら

開館時間 10:00-17:30(入場は17:00まで)
休館日=月曜

関連イベント

決まり次第お知らせします