豊田市美術館 (Toyota Municipal Museum of Art)

WEB DESIGNED BY RANAEXTRACTIVE INC.


インフォメーション

INFORMATION

パウワウ 岡崎乾二郎/powwow, Kenjiro OKAZAKI
「豊田市美術館コレクションのミッシングリング」

詳細はこちら(PDF)


もしこの作品があれば、既存の豊田市美術館のコレクションは、近代芸術の歴史全体を見通す、ひとつの明確なヴィジョン=構造を与えてくれるのではないか。いまはこのコレクションに含まれていない(実際に歴史に存在した、近代=19世紀以降の)作品を選び、その架空の一点によって、豊田市美術館コレクションを、星座のように完結したダイアグラムとして構成しなおすことを試みる。無数の星屑が散る夜空のように見える歴史に、コレクションははっきりとした像を与えるコンステレーション=星座として出現するだろう。可能性としてのコレクション。
豊田市美術館のコレクションの可能性をできる限り深く論じる。

*パウワウとはアメリカ・インディアン(ナラガンセット族)の言葉で、集会を意味する。共同体のメンバーが集り、時間と空間の記憶をみなで再構築して共有する。

頭がぐるぐると刺激される、濃密な空間と時間を共有しよう。


日時:11月26(土)・27日(日)両日とも午後2時~5時
定員:50名(*両日参加が出来ない場合は、お知らせください。)
会場:豊田市美術館ワークショップルーム(髙橋節郎館内)
参加無料
【申し込み方法】
氏名・年齢・連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)を明記のうえ、
メール(gakugei@city.toyota.aichi.jp)またはハガキにてお申し込みください。
*メールの際は、標題を「パウワウ岡崎乾二郎申し込み」としてください。
申し込み締切:11月20日(抽選)*定員に達しない場合は当日受付可




岡崎乾二郎

1955年東京生まれ。造形作家として、国内外の多数の展覧会に参加。2002年にセゾン現代美術館にて個展開催。同年「ヴェネツィア・ビエンナーレ第8回建築展」日本館ディレクターを務め、2007年には現代舞踏家トリシャ・ブラウンとコラボレーションを行うなど常に先鋭的な芸術を続ける。また企画展のキュレーションや美術・文芸・建築など多岐にわたる研究批評においても注目すべき活動を展開する。

PAGE TOP