豊田市美術館 (Toyota Municipal Museum of Art)

WEB DESIGNED BY RANAEXTRACTIVE INC.


常設特別展

常設特別展

2017年10月14日[土]-2017年12月24日[日]
Oct. 14 [Sat.] – Dec. 24 [Sun.], 2017

会  期:2017年10月14日[土]-12月24日[日]
休 館 日:毎週月曜日
開館時間:午前10:00−午後5:30(入場は午後5:00まで)
主  催:豊田市美術館
会  場:豊田市美術館 髙橋節郎館
協  力:(公財)高橋記念美術文化振興財団
観 覧 料:一般300円[250円]/高校・大学生200円[150円]/中学生以下無料
[]内は20名以上の団体料金
障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名)、豊田市内在住又は在学の高校生及び豊田市在住の75歳以上は無料[要証明]、その他、観覧料の減免対象者及び割引等についてはホームページをご確認いただくか、豊田市美術館へお問い合わせください。


概要
 髙橋節郎(1914-2007)は戦前の鮮やかな色漆にはじまり、戦後のさまざまな実験的な試みを経て、1970年代には漆黒と鎗金が織りなす独自の作品世界を築き上げました。私たちは作家の青年期や壮年期の作品には変転や達成を期待する一方、晩年の作品に対しては変化よりも安定感を暗黙の裡に意識しがちです。しかし髙橋は晩年においてもなお、新たな表現に挑みながら作品を発表し続けました。
 歿後10年を迎える節目にあたり、本展では宇宙三部作ともいうべき《星空円舞》、《満天星花》、《星空交響詩》ほか、髙橋が75歳以降に制作した代表作を中心に、一部円熟期の作品も併せた50点余を展観します。惜しまれつつ天へ還った髙橋の雄大な作品世界と自由な精神をあらためてご堪能ください。

関連事業
記念コンサート:「宇宙を彩るピアノのしらべ」
演奏:梯 剛之(ピアノ) 
日時:11月11日[土] 午後2時より(開場:午後1時30分)
定員:150人(当日正午から整理券を配布します)

学芸員によるギャラリートーク:11月18日[土]、12月2日[土]、12月16日[土] 午後3時より
※髙橋節郎館エントランスにお集まりください。
 参加には当日の観覧券が必要です。

一覧に戻る

PAGE TOP