豊田市美術館 (Toyota Municipal Museum of Art)

WEB DESIGNED BY RANAEXTRACTIVE INC.


常設特別展

常設特別展

浅野弥衛-コレクションを中心に

2017年1月14日[土]-2017年4月2日[日]
Jan.14 [Sat],2017 -Apr.2 [Sun],2017

浅野弥衛 ASANO Yae 2017年1月14日[土]―4月2日[日] コレクションを中心に

浅野弥衛(1914-1996)は三重県鈴鹿市で終生創作活動を行い、名古屋を発表の拠点とした画家です。豊田市美術館では、2007年に浅野弥衛を特集展示したことをきっかけに、初期から晩年まで22点の寄贈を受け、さらに寄託作品も多く有しています。

浅野の主な作品は、白黒の線や点、幾何学的な図柄や模様を用いた抽象絵画ですが、どこかで見た景色をふと思い起こさせます。また、一見硬質な印象の画面に深みや温かみをもたらしているのは、手わざの痕跡としての描線です。今回は所蔵及び寄託のすべての浅野弥衛作品とともに、彼が生前使用したイーゼルや画材、スケッチブックなどを展示します。限られた色彩のなかに潜む、画家が残した線や点の息遣いを感じ取ってください。


会場:豊田市美術館 展示室4
休館日:月曜日(ただし3月20日[月・祝]は開館)
開館時間:午前10時~午後5時30分
主催:豊田市美術館
観覧料:一般300円(250円)/高大生200円(150円)
*( )内は20名以上の団体料金
*豊田市内在住・在学高校生、豊田市内75歳以上、各種障がい者手帳をお持ちの方(介添者1名)は無料[要証明]


関連プログラム
○講演会「引っかき・たがやし・ハムラビ・縞・むしむし…-浅野弥衛の作品」
2月4日(土) 午後2時-午後3時30分
講師:石崎勝基(美術史家)
会場:美術館 講堂(聴講無料)

○学芸員によるギャラリートーク
1月21日(土)、2月16日(木)、3月16日(木) 午後2時から

○作品ガイドボランティアによるギャラリーツアー
木曜日を除く毎日午後2時から(土、日、祝日は午前11時と午後2時から)
※ギャラリートーク、ギャラリーツアーの参加には当日の観覧券が必要です。


同時開催 「切断してみる。―二人の耕平―」「間を考える」
2017年1月14日[土]-4月2日[日]






一覧に戻る

PAGE TOP