豊田市美術館 (Toyota Municipal Museum of Art)

WEB DESIGNED BY RANAEXTRACTIVE INC.


常設特別展

常設特別展

Play / Pray あそぶ美術、おもう美術

2011年4月9日[土] ~ 5月29日[日]
Apr.9[Sat]-May.29[Sun]

トニー・クラッグ《スペクトラム》1979年
中原浩大《無題(レゴモンスター)》2000年カーステン・ヘラー《フリスビーハウス》2000年栗本夏樹《ジパング》1991年中西夏之《コンパクト・オブジェ》1968年北山善夫《図 絵画「あなたの声を聴かせてよ」》1997年黒田辰秋《乾漆耀貝螺鈿捻十稜水指》1965年

古来、美術作品は、人々の思いとともにありました。また、とりわけ近代以降、美術はより広い市民の憩いとして、暮らしに遊び心と活気をもたらしてきました。 身近なものを、思わぬ美しさやスケールでみせる中原浩大やトニー・クラッグ。展示室に遊具を出現させるカーステン・ヘラー。あるいは、祈りを奉げるかのように制作する村上友晴やヴォルフガング・ライプ。美術作品には切なる思いと真摯な遊びが等しく存在しています。
未曾有の災害から再び立ち上がろうとするときだからこそ、精魂こめて作られたものに思いをはせ、ひととのつながりやわたしたちの生を見つめなおすことが大切でしょう。その一方で、ひとを笑顔にさせるユーモアや遊び心は、必ずやわたしたちの普段の暮らしの回復に役立つはずです。豊田市美術館のコレクションを通し、思いと遊びに満ちた日々のリズムを確かめる機会となれば幸いです。

会期: 2011年4月9日[土]-5月29日[日]
休館日: 毎週月曜日
開館時間: 10:00-17:30[入場は17:00まで]
主催: 豊田市美術館
観覧料: 常設観覧料金 一般300円[250円]、高校・大学生200円[150円]、
中学生以下無料[ ]内は20名以上の団体料金
*市内高校生、障がい者、市内75歳以上の方は無料(要証明)

関連事業:
イベント
●フリスビーハウスで遊ぼう
カーステン・ヘラーの作品を体験
毎日毎時00分-15分(展示室1にて)

●「ミルクストーンを体験しよう」
ヴォルフガング・ライプの作品の「完成」に立ち会うワークショップ
日時:土日・祝日 11:30-(展示室4にて)

●学芸員によるギャラリートーク
日時:5月4日[水・祝]、5月28日[土] 14:00-

●作品ガイド・ボランティアによるギャラリーツアー
木曜日を除く14:00より(土日、祝日は11:00も行います)
1階チケット・カウンター前にお集まりください
*ツアー日時はこちら。

キッズ・プログラム
●ワークショップ
「変身!―紙でかぶりものをつくろう―」
身近なものを使って、祈りをこめたかぶりものつくりに挑戦します。
日時:5月5日[木・祝] 13:30-15:30
講師:栗本夏樹(出品作家)
定員:15名(応募多数の場合は抽選)

「レゴブロックでなにかをつくろう」
つかいきれないほどのレゴブロックでなにかをつくります
日時:5月7日[土]、5月8日[日] 13:30-
対象:小学2年生から5年生
定員:各回15名(応募多数の場合は抽選)

いずれも申込:0565-34-6610
締切:4月27日[水](定員に満たない場合は当日まで受付けます)

次回開催:
「シュテーデル美術館蔵フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドルの絵画」
「松井紫朗 What the Tortoise Said to Achilles」
2011年6月11日[土]-8月28日[日]


一覧に戻る

PAGE TOP