豊田市美術館 (Toyota Municipal Museum of Art)

WEB DESIGNED BY RANAEXTRACTIVE INC.


常設特別展

常設特別展

所蔵品を中心に

みえるもの/みえないもの

2012年1月7日[土] ~ 3月25日[日]
Jan.7[Sat]-Mar.25[Sun]

新・陶・宣言 Works in Ceramic, 2011
クリスチャン・ボルタンスキー《聖遺物箱(プーリムの祭り)》1990年  ソフィ・カル《盲目の人々 羊、母、ドロン》1986年  ナン・ゴールディン《テラスのデヴィッド、ホテルボーリヴァジュパラス、ローザンヌ、1988》1988年  松江泰治《ANDES 06335》2008年  ボリス・ミハイロフ《イエスタデイズ・サンドウィッチ5》1965-81年  志賀理江子《フィグの森(CANARYより)》2006年 作家蔵  杉本博司《Aegean Sea, Pilion》1990年 個人蔵

写真は、目の前の世界をそのまま写し出すため、そこに記録性や日常性が刻印されます。ナン・ゴールディンの恋人や友人たちのプライベートを写した写真や、荒木経惟の妻との旅行や別れの過程を捉えた写真は、それが現実の記録であるだけに、一層観る者に愛や死にまつわる物語を喚起します。一方、松江泰治のどこまでも平板で明瞭に写し取られた風景は、そうした感情移入を一切排除して、それが客観的視線の産物であるかのような印象を与えます。また、現代美術に用いられる写真は、技術や撮影者が誰かということより、どのような考えでそれが用いられているかが重要になります。クリスチャン・ボルタンスキーは、子ども達の写真を用いて、二度と戻らない「過去の死」を照射し、ソフィ・カルは誰でも撮れるスナップショットを使って、盲目の人々の概念上の美が決して共有され得ないことを伝えます。そして志賀理江子は、現実のイメージから、その背後にある触覚を伴う程のリアルさを掴み取ります。
本展では、写真の特性を活かし、またはぐらかして、「みえるものと/みえないもの」の双方を浮かび上がらせる作品を紹介します。


出品作家:荒木経惟、アルマン、クリスチャン・ボルタンスキー、ソフィ・カル、ナン・ゴールディン、川内倫子、松江泰治、ボリス・ミハイロフ、中川幸夫、中西信洋、ローマン・オパルカ、ミケランジェロ・ピストレット、 志賀理江子、曽根 裕、杉本博司

会期: 2012年1月7日[土]-3月25日[日]
休館日: 毎週月曜日(1月9日は開館)
開館時間: 10:00-17:30[入場は17:00まで]
会場: 豊田市美術館 展示室8室
主催: 豊田市美術館
観覧料: 一般300円[250円]、高校・大学生200円[150円]、中学生以下無料
[ ]内は前売券及び20名以上の団体料金/市内高校生、障がい者及び市内75歳以上は無料[要証明]/新成人(1991年4月2日‐1992年4月1日生まれの方)は、2012年1月7日から1月31日まで無料(要証明)

関連事業:
●志賀理江子講演会|腹の中のカナリア
日時:1月8日[日]14:00-15:30
会場:豊田市美術館 1階講堂
当日正午から1階チケットカウンターで整理券を配布します。(172席)

●学芸員による作品解説
1月15日[日]、29日[日]、2月5日[日]、26日[日]
いずれも14:00-
*1階チケットカウンター前にお集まりください。

●作品ガイドボランティアによるギャラリーツアー
木曜日を除く14:00- (関連事業開催日11:00から)
*1階チケットカウンター前にお集まりください。

*いずれも当日の美術館観覧券が必要です。

問合せ先:
豊田市美術館
〒471-0034 愛知県豊田市小坂本町8-5-1
Tel.0565-34-6610


一覧に戻る

PAGE TOP