豊田市美術館 (Toyota Municipal Museum of Art)

WEB DESIGNED BY RANAEXTRACTIVE INC.


常設特別展

常設特別展

知覚の扉 The Doors of Perception

2010年2月20日[土] ~ 3月14日[日]
Feb.20[Sat]−Mar.14[Sun]

知覚の扉 The Doors of PerceptionⅡ 銅金裕司 《金魚とエルゴート仮説》 2010年 喜楽亭
荒神明香 《Walk in マ・マー》 2004年 喜楽亭大巻伸嗣 《メモリアル・リバース》 2010年 岐阜県美術館でのプロジェクト 撮影:谷川寛 豊田市美術館庭市川平 《コンタクト・ドーム》 2002年- 豊田市美術館庭石田尚志 《絵馬・絵巻2003》 2003年 喜楽亭

掌に載るほどの小さな作品、また私たちの体ごと包み込んでしまう大きな作品は、この日常に作り出された小宇宙です。そうして作り上げられたそれぞれの宇宙は、この世界の成り立ちの不思議、またその手触りを伝えます。
本展では、欄間、床の間などの細部に装飾が施された大正時代の料亭・喜楽亭を舞台に、それぞれの作品が各部屋に呼応するように展示されます。また、豊田市美術館の一部でも、コレクション展と連動した展示を行います。気付かぬほどささやかに、また驚くほど大胆に展開されるそれらの作品は、小さなものから大きなものへ、また大きなものから小さなものへと誘い、収縮・拡大しながら私たちの想像力を大きく広げてくれるでしょう。
※写真と展示作品が異なる場合があります。

出品作家:
石田尚志、岩崎貴宏、市川平、梅田哲也、大巻伸嗣、
荒神明香、小島久弥、銅金裕司、中西信洋、名知聡子、
山極満博、和田みつひと

会期: 2010年2月20日[土]-3月14日[日]
休館日: 月曜日
開館時間: 喜楽亭/10:00-17:00
豊田市美術館/10:00-17:30(入場は17:00まで)
会場: 喜楽亭/〒471-0034 豊田市小阪本町1-25
豊田産業文化センター内[map]
豊田市美術館/〒471-0034 豊田市小阪本町8-5-1
主催: 文化庁/「あいちアートの森」実行委員会
協力: 豊田市美術館
協賛: アイケーシー株式会社、株式会社テクノプロモーション、ORACAL
観覧料: 喜楽亭/無料
豊田市美術館(一部の作品は常設展示室内)/
一般300円[250円]、高校・大学生200円[150円]、
中学生以下無料*( )内は20名以上の団体料金
*市内高校生、障がい者、市内75歳以上の方は無料(要証明)

関連事業:
●大巻伸嗣「メモリアル・リバース」
2月20日[土] 、3月13日[土] 、3月14日[日]
いずれも14:00-14:30、豊田市美術館の庭

●梅田哲也サウンドパフォーマンス
2月21日[日]
14:00-、豊田市美術館

●銅金裕司ワークショップ「みんなで植物の声を聞こう」
3月7日[日]
14:00-15:00、豊田市美術館アトリエ
定員:20名
申込方法:2月20日[土]午前10時より電話0565-34-6610にて受付開始

●アーティスト・トーク:大巻伸嗣、銅金裕司
2月21日[日]
15:00-17:00、豊田市美術館講堂

●アーティスト・トーク:小島久弥、中西信洋、山極満博
3月14日[日]
15:00-17:00、豊田市美術館講堂
*いずれも無料


一覧に戻る

PAGE TOP